CY8ERの新曲に中田ヤスタカが参加

  • 2019.11.25
  • 2020.01.09
  • CY8ER
CY8ERの新曲に中田ヤスタカが参加

CY8ERというアイドルグループをご存知だろうか。
苺りなはむ、小犬丸ぽち、ましろ、病夢やみい、藤城アンナの5人からなるこのCY8ERというグループは、2015年に元BiS、元アキシブprojectの苺りなはむと、にかもきゅの2人で「BPM15Q」というユニットからから始まったのだが、その後、複数の脱退、加入、改名を経て現在の5人体制になった。
そのCY8ERが2020年1月22日にビクターエンタテインメントからメジャーデビューをすることが決まった。

昨今のアイドル業界でメジャーデビューをすることはそこまでハードルが高いものでは無くなってはきたが、CY8ERは少し違う。
メンバーの一人である苺りなはむはCY8ERが所属するICIGO SYLEという会社の社長も務めている
何がいいたいかというと、大手のアイドル事務所では無いということ。

しかし、メジャーデビューすることができたのに当然理由がある。

1.苺りなはむの経歴

先述したとおり、苺りなはむは元BiS、元アキシブprojectを経験している、事務所の社長。
これを聞いただけでも「やり手」な印象を受ける人も少ないとは思う。
BiSとは2014年に横浜アリーナで解散をしたアイドルグループ。
ハグ会やスク水ライブなど破天荒なことをして認知度を高めていったのだが、苺りなはむはBiSの初期メンバーだった。
本人は、その破天荒なプロモーションが嫌でBiSを脱退したが、CY8ERにもその系譜はいかされており、防護服を着たハグ会を行ってバズったこともある。

2.メンバーのバラエティ性

CY8ERにはアイドルやDJ、アパレル、モデルなど様々なジャンルに精通しているメンバーが多く、CY8ERだけで活動をしているわけではない。
メンバー最年長の病夢やみいは、元々ショップの店員だったが30歳になるのを機にアイドルの道を志すことになった。yammy名義でモデル活動なども行っている。
ましろはSHACHI名義でラッパーとしても活動し、ユニバーサルからメジャーデビューしている。

などなど、ベクトルが違った5人がCY8ERというノンジャンルなグループで活動をしているのも人気な理由である。

3.楽曲

CY8ERがメインとしている楽曲ジャンルはEDM、Electro、Future Bass、Houseといったいわゆるクラブミュージックだ。
トラックメーカーのYunomiさんの提供楽曲が多いため、アイドルで言われるMIXやヲタ芸といったものより、クラブのように踊っているお客さんが多いのが特徴である。


この3つは、どれかしら当てはまっているアイドルはいるのだが、全ての調和が取れているグループはCY8ERだけかとおもわれる。
それもICIGO STYLEという小さな事務所で、苺りなはむを中心にした完全セルフプロデュースだからこそできたのではないでしょうか。

そして2020年1月22日に発売されるメジャーデビューアルバム「東京」に中田ヤスタカプロデュースの楽曲「恋愛リアリティー症」の収録が発表された。

これは2019年11月23日に行われた「CY8ERフェス」の中田ヤスタカのプレイ中に発表・初披露がされたものだった。
PerfumeやきゃりーぱみゅぱみゅのサウンドプロデュースやSMAP、椎名林檎への楽曲提供でおなじみの中田ヤスタカだが、アイドルへの楽曲提供はPerfumeに次いで2組目となる。

というのも、CY8ERの多くの楽曲を作っているYunomiさんが中田ヤスタカが所属するASOBISYSTEMに2018年に所属することになってから、CY8ERと中田ヤスタカの距離感が縮まってった。
2018年のはじめには、中田ヤスタカの楽曲である「White Cube」に苺りなはむがボーカルとして参加したりと、楽曲提供へのフラグが立っていたのだ。

ようやくスタートラインに立ったと言っても過言ではないCY8ERだが、メジャーデビューを機にどのような活動を行っていくのかとても楽しみである。
そして夢でもある横浜アリーナに立てる日が来るのかもとても楽しみです。